東京で評判のウェビナー運営代行会社ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

ウェビナーをメタバースで開催できる?開催するときの注意点とは

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/01/20


皆さんは、メタバースという言葉を知っていますか?本記事では、ウェビナーをメタバースで開催することはできるのか、そもそもメタバーストは何なのかを解説していこうと思います。ウェビナーにもいろいろ種類がありますが、これからはメタバースを中心になっていくと思われますので、今のうちに充分な知識を蓄え、対応していきましょう。

そもそもメタバースとは

メタは「高次・超越」、バースは「ユニバース」という意味です。メタバースとは「限りなく現実世界に似た仮想空間」になります。例を挙げると「どうぶつの森」「マインクラフト」などになります。これらのゲームは自分のアバターを作成し、仮想空間内でコミュニケーションを取るものになります。

メタバースでウェビナーを開催するメリット

最近になって注目を浴びているメタバースという空間ですが、ウェビナーを開催する際どのような点がメリットとして上げられるのでしょうか。実際にメリットを複数あげて詳しく見ていきましょう。

集客がアップする

メタバースという新しい媒体を用いてウェビナーを開催することで話題性が発生します。ゲーム感覚でビジネス体験することが可能です。商品の紹介や資料の掲示をメタバース上で行うことは、斬新なものになっているので、関心を引き立てるものとなっています。他社のセミナーよりもインパクトを与えられ、差別化を図ることでよりたくさんの人から興味を持って貰えるウェビナーが開けるでしょう。

参加者が飽きずに楽しめる

メタバースには基本アバターを使用します。そのため、ウェビナーにはない特別な体験が楽しめ、普段のウェビナーでは味わえない没入感を感じられます。アバターを使ってメタバース空間を感じられ、展示物を閲覧し、主催者側とコミュニケーションを取ることが可能です。特別な資格体験が可能となっておりますので、2Dでよくある途中離席・ながら視聴を防止することもできます。

リード獲得や商談につながる

アバターを用いてオンライン上で積極的にコミュニケーションを取れます。ウェビナー内で発生した不明な点・詳しい説明などが可能なっています。そのため、商品の詳しい説明や紹介しきれなかった商品を紹介できます。そのため、参加者により深い情報を提供でき、興味・属性を理解した上での商談が可能になります。

ブランディングに効果がある

メタバースを起因している企業は、先端的なイメージを与えられます。最新技術を取り入れられ新しい顧客体験を実現できます。イメージがよくなることで、他社との差別化が図れ、新しい顧客を手に入れることが可能になるでしょう。また、ブランディングの成功は優秀な人材の確保も期待できます。

現場に行かなくでも実際の会場の臨場感を味わえる

メタバースは、現実世界と同じような体験できる空間を作り出せます。そのため自宅にいながら、会場で一緒の時間を過ごしているような感覚になります。また、近年問題になっている感染症などをもらってしまうリスクも低くなるメリットがあります。

メタバースでウェビナーを開催するときの注意点

メタバースを用いてウェビナー注意するべき点は、4つあります。

・事前に操作方法を説明する
・飽きないような企画を作る
・トラブルを起こさないように事前準備する
・商品やサービスの疑似体験

事前に操作方法を説明する

いくら注目されてきてはいるといっても、仕組みを完全に理解している人は多くはありません。どのように参加すればよいのか、どのようにして掲示物や商品紹介を見られるのかを、事前にわかりやすく説明する必要があります。充分な説明がないと参加者の満足度の低下につながってしまいます。

飽きないような企画を作る

メタバースを用いたイベントでは、2Dのイベントではできないような特殊な演出が可能になっています。そのため、参加者の飽きが来ないような、非日常的な演出を取り入れることが重要です。ほか社では実現不可能な商品の紹介、掲示物を展示することで参加者の印象に残りやすいイベントを作り上げられます。

トラブルを起こさないよう事前準備をしっかりと行う

オンライン上のセミナーとなっているため、音声・映像にトラブルが発生してしまうと印象が悪くなってしまいます。とくに音声トラブルについては不信感が高くなってしまうため、事前にテスト行うなどして、万全な状態で開催することを意識しましょう。

商品やサービスの疑似体験

メタバース空間を使用していても、現実世界の商品を3DCG化し紹介できます。参加者の人たちが商品やサービス情報を疑似体験できるよう企画を作り上げることが重要になります。

まとめ

本記事では、メタバースとはいったい何なのかについて解説しました。また、メタバース空間を用いたウェビナーのメリット、注意点についてもあげてみました。メタバースとは「限りなく現実世界に似た仮想空間のこと」のことになります。便利に思えるメタバースにもメリット・デメリットが存在しており、中途半端に手を出してしまうのは危ない市場になっています。最近になってどんどん注目されている市場になるので、本記事を読み、理解を深められたのであれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2023.03.13
社名 株式会社ビッグビート 代表取締役 濱口 豊 所在地 〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町 4-1 ニューオータニガーデンコート 22F TEL : 03-3222-8877 F
続きを読む
投稿日 2023.03.15
皆さんはオンデマンド配信や、ライブ配信という言葉を知っていますか?今回の記事ではオンライン配信の方法について詳しく解説し、配信形態の違いをより明確に見ていきたいと思います。最後まで読めば、オ
続きを読む
投稿日 2023.01.31
社名 株式会社ヒューマンセントリックス 代表取締役 中村寛治 代表連絡先 03-5759-0300 所在地 【福岡本社】 〒814-0001 福岡市早良区百道浜2-1-22 福岡SRPセンタ
続きを読む
投稿日 2023.02.15
皆さんは、メタバースという言葉を知っていますか?本記事では、ウェビナーをメタバースで開催することはできるのか、そもそもメタバーストは何なのかを解説していこうと思います。ウェビナーにもいろいろ
続きを読む
投稿日 2023.01.15
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、さまざまなことをオンラインで行う時代になりました。その影響を受け、社内研修で導入されているのが「ウェビナー」です。ウェビナーとは、オンラインで行うセミナー
続きを読む
投稿日 2022.12.15
インターネット環境と配信機器さえあれば、誰でも手軽に挑戦できる動画配信。動画投稿やライブ配信などの需要が高まり、今まで以上に動画配信は身近なものになりましたよね。今回は配信するのに適した設定
続きを読む
投稿日 2022.11.15
近年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需要が高まっているのが、オンライン配信です。オンラインで動画を配信することで、対面でなくても多くの人と情報を共有できます。しかしこのオンライン配信で
続きを読む
投稿日 2022.10.15
ウェビナーの配信方法には、リアルタイム配信以外に録画配信があります。録画配信の特性を理解するとウェビナーをさらに活用できるものの、配信中のウェビナーを録画する方法に頭を悩ませる方もいるでしょ
続きを読む
投稿日 2022.09.15
テーマ選びはウェビナーの重要な要素になります。それだけに、アイデアの枯渇やマンネリ・テーマの決め方が分からないなど、テーマ選定に頭を悩ませているウェビナー担当者は少なくないでしょう。この記事
続きを読む
投稿日 2022.08.15
ウェビナーの開催にあたり、外部のゲスト・講師に講演を依頼する方も少なくないでしょう。しかし、講師選びの基準や講師の探し方などに迷う方もいるかもしれません。ここでは、ウェビナーに呼ぶゲスト・講
続きを読む